社長ブログ

4月 14 2020

旋盤ローダー用の親子爪とコンサルティングについて

5:51 PM 社長ブログ

旋盤ローダー用の親子爪・プッシャーの出荷をさせて頂きました。

 

海外・全国からご依頼を頂いておりますので、今回もお客様は宅急便での発送となります。

 

必要な設備情報などを頂ければ、メールのやり取りで設計・製作は十分可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親爪1種類で小爪を変更する事で、5種類の製品に対応が出来る様に、設計・製作をさせて頂きました。

 

出来るだけ共通化が出来る様にシミュレーションをして、ご提案をさせて頂いております。

 

マシニング治具・旋盤特殊爪以外にも、多くのローダーチャックやロボットハンドのチャック部の設計・製作をさせて頂いております。

 

現在、マシニングセンタのインデックス治具を進めており、その他に客先で大手工作機械メーカーさんが設計・製作をしたロボットハンドで不具合が多発しておりますので、対策案の図面を進めております。

 

このラインは工作機械メーカーさんがプログラム作成から立ち上げまでをして、弊社お客様に納入された設備ですが、加工でもトラブルが多発しておりました。

 

プログラムの座標が間違っていたり、奥の方の早送りで工具とワークが当たっていたり、切削条件をかなり無理して時間短縮をしておりましたので、ビビリや工具寿命が短い等の問題が発生しておりました。

 

弊社が工具選定からプログラムまで全て見直しをして、工具費削減・加工時間短縮・品質安定を達成しております。

 

今回のロボットの不具合も、調べれば調べるほど首をかしげる問題点が出てきております。

 

弊社のお客様は中小企業様から大手企業様までございますが、大手企業様であっても詳しい技術者は本当に少く、改善出来る部分がたくさんあります。

 

世の中が不安定な状況で、減産は必須であると思います。

 

加工は治具・工具・プログラムの見直しで大きな効果が得られる事が非常に多いです。

 

繁忙期に改善や見直しは難しいので、売り上げが減っても利益が出る工法に見直しをされるチャンスの時期です。

 

技術コンサルティングに関しても、必要な動画やデータを頂く事で改善出来る事は多く、お伺いが出来ないエリアの対応も可能になっております。

 

教科書には書いて無い、加工技術のコンサルティングです。

 

「製造業の縁の下の力持ちである」と自信を持っております。

 

お困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


« »