社長ブログ

9月 2nd, 2013

9月 02 2013

工程・工具・治具・切削条件は、事前に検証する事が大切です

1-2

 

クライアント企業様の新規部品の工程設計を行っております。

 

 

同時に加工時間の算出です。

 

 

1-1

 

 

治具設計に入る時に、使用する工具の選定を済ませてCAD検証をしっかりされる事をお勧めします。

 

治具が完成した後に工具を選定すると、使用したかった工具が干渉したり、使用する事が出来ない場合があります。

 

また、治具の設計の前に、選定した工具での加工時間算出を済ませておく事も重要です。

 

事前に加工時間を算出する事により、目標の加工時間で出来るのか?設備の負荷がオーバーしないのか?が明確になります。

 

この時点で加工時間の短縮が必要であれば、より速く加工が出来る工具に変更して、治具を対応させる事が可能となります。

 

工程・工具・治具・切削条件を分けて考えると非常に非効率になる場合がありますので、同時に検証しておく事が良い物を安定して低コストにて製造する事に繋がります。