社長ブログ

2014年12月

12月 25 2014

複合加工機用24インチチャックのスパイク付き特殊爪を、設計・製作させて頂きました

FullSizeRender

 

IMG_4640

 

複合加工機用24インチチャックのスパイク付き特殊爪を、設計・製作させて頂きました。

 

標準の硬爪で加工をされておりましたが鋳物ワークですので、チャッキング部に抜き勾配がついており、加工中にワークが飛び出してしまい、その衝撃でスピンドルを破損してしまいました。

 

大型の複合加工機のスピンドル交換は数百万の出費となります。

 

対策として、弊社にてスパイク付きの特殊爪を設計・製作させて頂きました。

 

急ぎでの依頼でしたので、現地調査から納入まで1週間と非常に短納期でした。

 

納入させて頂きました特殊爪での加工は、「安定していて加工条件も速めている」との嬉しい回答を頂きました。


12月 25 2014

立形マシニングセンター用サブプレートを納入させて頂きました。

FullSizeRender (1)

 

IMG_4636

 

パレットチェンジャー式の立形マシニングセンター用サブプレートと、バイス用ベースを設計&製作させて頂きました。

 

サブテーブルに精密ブッシュを多数圧入しておりますので、段取り替えによる治具の位置決めが容易で確実に行えます。

 

治具の平行出しや芯出しが不要ですので、段取り時間の短縮による稼働率の向上と、加工原点間違いによる不良低減が可能となります。

 

バイスにつきましては、数種類のバイスでのシミュレーションを行い、ベストな選定をお客様にして頂きました。

 

これから活躍する姿を見させて頂くのが楽しみです。


12月 12 2014

立形マシニングセンター用サブプレートを納入させて頂きました。

マシニング用メインベース

 

立形マシニングセンター用のサブプレート、治具プレートを納入させて頂きました。

 

マシニングセンターのテーブルに、位置決めブッシュが圧入されたサブプレートを取り付けます。

 

このサブプレートに、治具を取り付けします。

 

この方式を採用する事で、治具の位置決めが正確に行われるため、治具の平行出しや芯出しが必要なくなります。

 

加工原点間違いも無くなるため、不良発生の予防にも有効です。

 

この方式は、弊社のお客様に多数の採用を頂いております。

 

弊社では、機械やワーク、治具に合わせた設計・製作を行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。