社長ブログ

2月 17th, 2015

2月 17 2015

製造原価計算ソフトのご紹介

治具製作の依頼を頂いた中で、転注や廃業による物も少なくありません。

 

IMG_6907

 

お客様が受注されている単価がどんどん下がり続けており、製造原価を把握する事は非常に重要であると感じております。

 

単価や売上げで判断していると、設備費や人件費が想定外に掛かっており、「本当は利益が出ていなかった」という事もありえます。

 

私がサラリーマン時代の時に、どこを改善すべきか?客先からのコストダウンの要求に対して、どの製品の単価が下げられるのだろうか?という判断をするのに、「製造原価を簡単に計算できるソフトが欲しい」と思っておりました。

 

この経験から製造原価計算を簡単に出来る、「原価まる見え」を開発しました。

 

1秒あたりの設備費・人件費を計算するのは当たり前であり、目に見えづらい、電気代や土地代、段取り費の計算が可能です。

 

そして特にこだわった部分は「操作性」です。

 

「原価まる見え」はデーターベースへの入力を済ませてから原価計算に入るのですが、導入されたお客様は30分程度の操作説明を聞くだけで使いこなせているのが現状です。

 

操作性にこだわった理由ですが、サラリーマン時代に他メーカーの生産管理ソフトを使った事がありますが、非常に複雑な操作が必要で、業務効率化とはかけ離れたシステムであったため、1000万円以上のソフトが無駄になっていた経験があります。

 

現場を知らない人が作ったソフトは、どうしても使いにくくなってしまい、結局使われなくなってしまう事を痛感しました。

 

正確な製造原価を把握する事は、社内の強みや弱みを把握する事が出来ます。

 

改善点が見え、営業の攻め所も把握出来ますので、強い経営体質となります。

 

「儲からない仕事を一生懸命受注していた」なんて事がなくなります。

 

「原価まる見え」は、近県であれば訪問させて頂きデモンストレーションが可能です。

 

遠方のお客様へは、無料体験版のCDを発送させて頂いております。

 

是非、この機会に“使える製造原価計算ソフト”「原価まる見え」をご体験下さい。

    ↓

「原価まる見え」