社長ブログ

1月 21st, 2019

1月 21 2019

自動車部品試作用の治具を納入させて頂きました

自動車部品試作加工用の治具を設計・製作をさせて頂き、納入させて頂きました。

 

 

EV・PHEV・e-pwer等の電動化された自動車部品の治具や生産立ち上げ等の業務をさせて頂いており、今回の製品は未発表の新型車両の部品となります。

 

自動車関係のお仕事も多くさせて頂いておりますが、電動化はどんどん進んでおり増産対応の業務も少なくありません。

 

時代の流れを大きく実感しております。

 

自動車に関わる業種では、今後変化のスピードが加速されて行くのでしょう。

 

自動車部品製造以外にも、ガソリンスタンド、自動車関係の税金、自動車整備等、10年後には想像出来なかったくらいの変化がある予感がします。

 

変化に伴い縮小が予測される業種・部品が多くあります。

 

焦って自社の設備に向いていない製品の受注をされるケースが見受けられます。

 

現状受注している製造方法の見直しを行い利益を確保しながら、新規受注には落ち着いて対応する事が大切です。